なるべく早く売ったほうがやっぱり高くなる?

愛車を高く売りたいと思ったら、なるべく早く売った方が高くなると考えがちですが、実際早めに売った方が高くなります。

車は乗っているうちに走行距離が増えていきます。走行距離が増えればその分車の消耗度が激しいということで、査定に響きます。そして載っているうちに、どこかに傷を付ければそれも査定に響きます。だから高く売るなら車に乗らないことです。当然乗らなければバッテリーが上がりますから、売る時はバッテリーに充電をする必要が有ります。

そして車に乗らなくても売るのが遅くなれば、次の車検までの期間が短くなっていきます。期間が短くなればその分売れにくくなりますから、査定額にも影響します。それで車検を済ませてから売れば査定額がアップするかといえばアップします。しかし車検の経費分まではアップしないから、車検を済ませる前に売った方がいいです。

買取業者の方が、個人より安く車検を通せますから、経費的にも個人で車検を済ませないで売った方が特になるということです。

愛車を高く売りたいなら、なるべく早めに売ることです。走行距離が増えていたり、車検の期間が短かくなったりしたら、その分車の価値が下がります。だから売れるなら早めに売ることです。

 

コメントは受け付けていません。