車を購入した時の書類を紛失してしまったのですが大丈夫でしょうか?

車の査定時及び売却時にはいくつかの書類が必要になります。それらのなかには車の購入時や車検を受けた時などに交付されるものがありますが、もし紛失してしまっている場合は手続きを進めることができませんので、それぞれの書類を交付する機関に申し出て再発行してもらう必要があります。
まず必要なのは車検証です。これは車の査定時にも売却時にも必要になります。通常、車検証は常に車に備えていなければいけないものですが、紛失してしまっているのであれば再交付してもらわなければいけません。再交付は管轄の運輸支局でおこない、その際には身分証明書や再交付の理由書などが必要になります。またこの手続きは本人以外もできるので、業者に代行してもらうことも可能です。
なお車の査定は車検証があればできますが、売却となるとさらに必要な書類が増えます。自賠責保険証書、自動車税納税証明書、リサイクル券などです。これらについても紛失していれば再発行してもらう必要があり、自賠責保険証書は保険会社、自動車税納税証明書は各都道府県の担当課で再発行してもらえます。またリサイクル券に関しては自動車リサイクルシステムのホームページから自動車リサイクル料金の預託状況を印刷すれば、それをリサイクル券の代替物として利用することが可能です。

コメントは受け付けていません。