車査定と車の状況

愛車を束なすときには、今まで大切に乗ってきた車なので1円でも高く売りたいと思うのは当然のことで、中古車の査定の基準は誰もが気になるところです。取り扱う車種によって方針の違いはもちろんありますが、どの業者でも車検査の際のチェックポイントには大きな違いはありません。一般的に中古車の査定の際には車種、年式、走行距離、車検期間、取扱説明書や整備手帳があるかどうか、ボディカラー、カーナビなどの付属品の有無、傷や内装の状態、タイヤの溝の状態、エンジンなどの状態、事故歴や修復歴、査定する会社の在庫状況やその車の需要などを総合的に判断して金額を算出します。特に事故歴や修復歴は大幅な減点の対象になるので気になる点です。けれども軽い接触事故で板金修理をしたり、ボンネットやドアトランク、バンパーなどの交換では事故歴車にはなりません。事故車や修復歴のある車とみなされるのは、ボディの主要フレームや骨格などを溶接、修正、交換した車の事です。また、カーナビやオーディオなどの付属品については会社ごとに評価が分かれる部分ですが、カーナビ付きの車が当たり前になってきている現在では、金額が占める割合は、期待するほど大きくありません。まずは見積もりだけでも取ってみて、自分の車の価値を知ることから始めるのがお勧めです。

コメントは受け付けていません。