車のホイールは純正品のほうが好評価?

自動車を買取査定に出す場合に、高価買取となるポイントはカスタマイズパーツです。
エアロパーツやタイヤ・アルミホイールなど高く評価されるでしょう。
ただ、アルミは純正品が高く買取られることがあります。
これは何もアルミに関わらず、ナビシステムやエアロパーツに関しても基本的には純正が高く見積もられます。
タイヤやアルミは大径の規定外のものであれば、見た目の迫力があるにせよ、走行時の乗り心地に問題があったり、走行性能に問題が出ることがあり、騒音が大きくなることもあるでしょう。
こうなると、評価は大きく下がります。
とくに、正規のメーカー系ディーラーであれば、いくら足回りにお金が掛かっていても純正品でなければゼロ評価となります。
元々付いていたものを交換することは不具合が生じる可能性が少なからずあるからです。
そのため、著しく車高が下げられたような、車に改造が施してある車の場合、買取を拒絶されることもあります。
純正品はメーカーで取り付けられ、メーカー保証も付いています。
ただ単にパーツの価値ばかりではなく、メーカー保証という価値もあるのです。
また、足回りがいじられているとスピードメーターや走行距離に誤差が出ることもあります。

 

 

コメントは受け付けていません。