改造車で査定は可?

改造についても定義が曖昧なので査定は可能ですが、車検に通る車であり、保安基準を違反していないものに限ります。
改造した車両で査定をしても、特定の車種を対象とした専門店以外では、あまりよい結果が出ないことがほとんどです。
買い取った後に販売する時に困ることとして、改造されたものはどういう経緯で手を加えられたのかが不明で、販売後のアフターサービスが困難になる事が多くなり、販売する側が敬遠してしまいます。
エアロパーツなどの大きく外観が変わってしまうものは、個人の好みの差がありますので改造パーツとしては嫌がられる傾向にありますし、マフラーやサスペンション交換されたものについては、外観から劣化具合が分かりにくく、車両販売後にトラブルや破損が起きても、寿命なのか不良品だったのかの判断がつかないことがあります。
こういうトラブルを未然に防ぐために、改造車を買い取った場合は、販売前に改造を元に戻すことが多く、その部品代も必ずしも安くはありませんし手間も必要です。
極まれに改造の査定がプラスになるケースとして、車の内装を変更せずに高額なオーディオを取り付けている場合や、有名なメーカーの人気デザインのホイールを取り付けている等です。

コメントは受け付けていません。