‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

評価が悪くなる車の特徴って?

2014/09/28

自動車を売却するときにどのような車が高く売れるのか気になるものですが、逆にどのような車の評価が低くなりがちなのかということを知ることもとても重要な事になります。
現在乗っている車を価値のある車に変えることはできませんが、査定が下がりやすい点を直すことはできます。

そこで、査定の時に印象が悪くなってしまう車の特徴というのは、まず車全体が汚れているものになります。
このようなものは査定の際に傷などを見落としては困るので、査定をする時にも見落としがないようにじっくりとチェックされてしまうことがあり、本来であれば減額の対象にならないような細かな傷も減額になってしまう可能性があります。
また、そのような車は日常的な扱いも悪かったのではないかと判断されてしまい、エンジンなどの走行に関わる部分も傷んでいるのではないかと判断され査定が上がりにくくなってしまうこともあります。
これは外側だけでなく、車内も同じように中がゴミなどで散らかっていたりすると普段からこのような状況で利用していると思われてしまい、シートに汚れがないのか細かくチェックをされてしまいます。
そのため、ここでも普段であれば減額にならないような小さな汚れでも減額になってしまう事があるのです。
このように、見かけ一つでも査定が下がる可能性があるので注意をしましょう。

付属品ってあったほうがいい?

2014/09/28

自動車の査定というのは非常に事細かく行われ、ちょっとした事でも査定額が大きく変わってくることがあります。
自動車のような高価なものの場合、誰しもが高く買取をしてもらいたいものですし、金額が大きいだけに買取金額のわずかな差でもその影響は大きくなってしまうだけに査定のことは気になるものですよね。

そこで査定に影響を及ぼすポイントとして、見逃しがちな部分として付属品の有無があります。
本来あるべきものが無いのであれば、それは当然マイナスになってしまうものですが、元からあったものをさらに良い物に買えていた場合どうなるかというと、中古車買取業者などではそれをプラス査定してくれることもありますが、ディーラーの下取りなどをする時には元からあった純正品がないということで減額をされてしまう可能性もあるのです。
そのため、上位のものに換装をしたとしてもそれまでついていた純正品などは保管しておく余裕が有る場合、残しておいたほうが売却の際に有利になるのです。
また、これは中古車買取業者に売却する時には純正品が残っていることで査定がプラスになり、更に上位のものが取り付けられているということで更に査定がアップすることがあるので残しておいて損はありません。

車のホイールは純正品のほうが好評価?

2014/09/28

自動車を買取査定に出す場合に、高価買取となるポイントはカスタマイズパーツです。
エアロパーツやタイヤ・アルミホイールなど高く評価されるでしょう。
ただ、アルミは純正品が高く買取られることがあります。
これは何もアルミに関わらず、ナビシステムやエアロパーツに関しても基本的には純正が高く見積もられます。
タイヤやアルミは大径の規定外のものであれば、見た目の迫力があるにせよ、走行時の乗り心地に問題があったり、走行性能に問題が出ることがあり、騒音が大きくなることもあるでしょう。
こうなると、評価は大きく下がります。
とくに、正規のメーカー系ディーラーであれば、いくら足回りにお金が掛かっていても純正品でなければゼロ評価となります。
元々付いていたものを交換することは不具合が生じる可能性が少なからずあるからです。
そのため、著しく車高が下げられたような、車に改造が施してある車の場合、買取を拒絶されることもあります。
純正品はメーカーで取り付けられ、メーカー保証も付いています。
ただ単にパーツの価値ばかりではなく、メーカー保証という価値もあるのです。
また、足回りがいじられているとスピードメーターや走行距離に誤差が出ることもあります。

 

 

車査定と車の状況

2014/09/28

愛車を束なすときには、今まで大切に乗ってきた車なので1円でも高く売りたいと思うのは当然のことで、中古車の査定の基準は誰もが気になるところです。取り扱う車種によって方針の違いはもちろんありますが、どの業者でも車検査の際のチェックポイントには大きな違いはありません。一般的に中古車の査定の際には車種、年式、走行距離、車検期間、取扱説明書や整備手帳があるかどうか、ボディカラー、カーナビなどの付属品の有無、傷や内装の状態、タイヤの溝の状態、エンジンなどの状態、事故歴や修復歴、査定する会社の在庫状況やその車の需要などを総合的に判断して金額を算出します。特に事故歴や修復歴は大幅な減点の対象になるので気になる点です。けれども軽い接触事故で板金修理をしたり、ボンネットやドアトランク、バンパーなどの交換では事故歴車にはなりません。事故車や修復歴のある車とみなされるのは、ボディの主要フレームや骨格などを溶接、修正、交換した車の事です。また、カーナビやオーディオなどの付属品については会社ごとに評価が分かれる部分ですが、カーナビ付きの車が当たり前になってきている現在では、金額が占める割合は、期待するほど大きくありません。まずは見積もりだけでも取ってみて、自分の車の価値を知ることから始めるのがお勧めです。

なるべく早く売ったほうがやっぱり高くなる?

2014/09/28

愛車を高く売りたいと思ったら、なるべく早く売った方が高くなると考えがちですが、実際早めに売った方が高くなります。

車は乗っているうちに走行距離が増えていきます。走行距離が増えればその分車の消耗度が激しいということで、査定に響きます。そして載っているうちに、どこかに傷を付ければそれも査定に響きます。だから高く売るなら車に乗らないことです。当然乗らなければバッテリーが上がりますから、売る時はバッテリーに充電をする必要が有ります。

そして車に乗らなくても売るのが遅くなれば、次の車検までの期間が短くなっていきます。期間が短くなればその分売れにくくなりますから、査定額にも影響します。それで車検を済ませてから売れば査定額がアップするかといえばアップします。しかし車検の経費分まではアップしないから、車検を済ませる前に売った方がいいです。

買取業者の方が、個人より安く車検を通せますから、経費的にも個人で車検を済ませないで売った方が特になるということです。

愛車を高く売りたいなら、なるべく早めに売ることです。走行距離が増えていたり、車検の期間が短かくなったりしたら、その分車の価値が下がります。だから売れるなら早めに売ることです。

 

車を購入した時の書類を紛失してしまったのですが大丈夫でしょうか?

2014/09/28

車の査定時及び売却時にはいくつかの書類が必要になります。それらのなかには車の購入時や車検を受けた時などに交付されるものがありますが、もし紛失してしまっている場合は手続きを進めることができませんので、それぞれの書類を交付する機関に申し出て再発行してもらう必要があります。
まず必要なのは車検証です。これは車の査定時にも売却時にも必要になります。通常、車検証は常に車に備えていなければいけないものですが、紛失してしまっているのであれば再交付してもらわなければいけません。再交付は管轄の運輸支局でおこない、その際には身分証明書や再交付の理由書などが必要になります。またこの手続きは本人以外もできるので、業者に代行してもらうことも可能です。
なお車の査定は車検証があればできますが、売却となるとさらに必要な書類が増えます。自賠責保険証書、自動車税納税証明書、リサイクル券などです。これらについても紛失していれば再発行してもらう必要があり、自賠責保険証書は保険会社、自動車税納税証明書は各都道府県の担当課で再発行してもらえます。またリサイクル券に関しては自動車リサイクルシステムのホームページから自動車リサイクル料金の預託状況を印刷すれば、それをリサイクル券の代替物として利用することが可能です。

改造車で査定は可?

2014/09/28

改造についても定義が曖昧なので査定は可能ですが、車検に通る車であり、保安基準を違反していないものに限ります。
改造した車両で査定をしても、特定の車種を対象とした専門店以外では、あまりよい結果が出ないことがほとんどです。
買い取った後に販売する時に困ることとして、改造されたものはどういう経緯で手を加えられたのかが不明で、販売後のアフターサービスが困難になる事が多くなり、販売する側が敬遠してしまいます。
エアロパーツなどの大きく外観が変わってしまうものは、個人の好みの差がありますので改造パーツとしては嫌がられる傾向にありますし、マフラーやサスペンション交換されたものについては、外観から劣化具合が分かりにくく、車両販売後にトラブルや破損が起きても、寿命なのか不良品だったのかの判断がつかないことがあります。
こういうトラブルを未然に防ぐために、改造車を買い取った場合は、販売前に改造を元に戻すことが多く、その部品代も必ずしも安くはありませんし手間も必要です。
極まれに改造の査定がプラスになるケースとして、車の内装を変更せずに高額なオーディオを取り付けている場合や、有名なメーカーの人気デザインのホイールを取り付けている等です。

浸水した車でも売ることはできる?

2014/09/28

最近の日本では、ゲリラ豪雨どころか極めて局所的な超集中豪富が普通になり、あっという間に冠水して車が水没なんて口径が年間を通じて当たり前にみられるようになりました。車は水没すると、水没の程度によりますがそのままではエンジンすらかからず、走ることすらできない場合が多く、自走不能の場合には修理して乗り続けるか、それとも廃車処分するかの二者択一だと思われています。
では水没車が売れるかどうかという観点で考えて見ましょう。日本国内で車を買い取る業者は何のために買い取るかというと、それは中古車として再販して利益を出すためです。したがって売れるかどうかというのは中古車として再販できるかどうかという点が最も重要で、実はここが一番大事です。
では、どの程度の水没なら大丈夫かというと、車内に水が浸入しない程度なら問題なく売れます。この場合にはエンジンにも問題がないことが多く、水没とすら言わない場合もあるでしょう。ただしハイブリット車などはこの限りではありません。
次に車内に浸水したがシート下までだった場合、これも比較的問題が少ないと思われ、軽度の修理で済むでしょうから売れるでしょう。
次にシート上までだった場合、これはエンジンにも重大な問題がある場合が想定され、日本国内で流通するために売るというのは不可能でしょう。
あとは海外で人気が高い車種の場合は、そこまで水没しても売れる場合がるようです。極めてレアな状況ですけどね。
車内に水が入るほどの水没をした場合には、汚水交じりの水による臭いと、濡れた場所の錆の発生などが発生しますので、水没後時間をおかずに対処することが最も重要です。

車査定と価格

2014/08/28

車を買取するにしても下取りするにしても価格は車査定で決まります。車の査定は細かいところまでしっかりとチェックされ、それによって値段が決まります。基本的には車というのは消耗品なので、乗れば乗るほど状態は悪くなるものです。そのため、高い値段を狙うならば状態が良い時に査定を受けたいところです。そうすると、やはり消耗度が低いので価値は高いと判断されます。何年も長く乗った車は走行距離が多くなりますし、走行距離が多いほど値段は安くなります。一つの目安として走行距離に注目しておくと良いです。こうした車の状態以外には需要も価格に影響します。一般的に重要が高い車というのは最新モデルの車などです。人気車だとそれだけで値段が高くなることが多いので、もし人気車に乗っているならかなり値段に期待を持つことが出来ます。車の査定は同じ車だとどこで査定を受けても同じ値段になるわけではありません。当然ながら業者によって判断基準が異なるので、同じ車でも高い値段を付けてくれる業者もあれば安めの値段を提示されることもあります。そこで、査定を受けるときは自分の車の相場を把握しておくことが大事です。色々な業者で査定を受けてみると良いです。