賢い人はやっている!車査定のポイント特集

中古車査定で一番安くなってしまうパターンは購入と同時に下取りに出すことです。
購入時に下取り車として査定してもらう場合、他社の見積もり査定と比べているわけではなく、そこのみの価格で下取りをされます。
また、新車の場合では購入時値引きがあり、オプションサービスなどと合体すれば、値引きが多くなったように感じ、言わばまやかしのように話が進むでしょう。
しかし、査定と新車購入は完全に切り分けて考えなければいけません。
新車を購入する場合、見積もりを数社取ることがあります。
お目当ての車が何台かあれば、一番条件が良い車を選ぶでしょう。
査定も同様のことが言え、もっとも高値を付ける買取業者に売却したいものです。
1社ではなく複数社に見積もりを依頼し、高値上位2社に査定価格の交渉を行います。
買取業者は、買取車を販売することを生業にしています。
そのため、業者は買取そのものが仕入れとなり、在庫確保に力を入れます。
大抵の場合、買い取られた車はオートオークションにセリに出します。
買取専門業者は圧倒的な在庫保有台数で、在庫をネットワーク化し、もっとも高値で売却できる地域や販売ルートへ最適な車を投入します。
このことから、買い取った車を高く売るノウハウを持っていることが分かります。